肩幅が広い!いかつい体型がコンプレックス私について

30代中盤の男性です。私の容姿の最大の悩み…それは、「肩幅」です!幼少の頃から肥満体型で育ってきて、特に高校時代、あることが原因で肩幅が異様に成長してしまったのです。それは「弓道」です!高校時代、3年間弓道部員として活動していました。

弓道とはつまり、弓を左右に広く引くスポーツです。きっと素人の方でもわかるとは思いますが…自分の最大の成長時期と、この弓道の鍛錬が重なってしまったので、身長が165センチにしては肩幅45センチと、一気に大きく肩が成長してしまったのです!高校時代は特に気にしていなかったですが、その悩みが出始めたのは大学に入って間もなくの頃からでした。私が入学したのは東京都内の六大学の一つ。ミスター長嶋さんなどを輩出し、ミッション系で有名なあの大学です。リア充で勝ち組な美男美女が多い中、私はもっさりしていて全く彼女ができないどころか、大学でできた友人にすらからかいやマウンティングを受けて鬱屈する毎日でした…。

その後大学をなんとか卒業し、社会人として就職、24歳のとき、大学外で出会った友人のバンド活動のAD(チラシ作りやホームページ作成、器材搬入などのお手伝い)をすることにしました。そこで私は出会ってしまったのです。原宿という新たなカルチャーの世界に…!特に、ヴィジュアル系ファッションを着こなす美麗な男子を、友人のバンドのときに頻繁に見かけるようになり、自分もああなりたい!と憧れるようになってしまったのです。

で、色々サイトでブランドを調べたり、ラフォーレで服を見てみたりしたのですが、私の肩幅とおなかに入るサイズの服は全くありませんでした。結局、ヴィジュアル系というよりは単なる、黒を基調としたファッションを嗜んで活動していました。何回か、本気で体型改造をしようとジム通いをしたりランニングをしたりしたのですが、習慣付きませんでした。今では、ヴィジュアル系のコートとかベストというよりは、サイズもSからLまで取り揃っていて値段も安く来やすい、黒いバンドのTシャツやパーカーを着て、パンクなアクセサリーを付けて自分なりのファッションを楽しんでいます!今はそういうファッションをしていく方向で固まり、友人などからも好評です。

やはり、好きな服、洗練されたお洒落な服装で遊ぶのは楽しいですもんね!肩幅が大きく成長したということは、逆にいえば力仕事に向いているということで、サラリーマンとして仕事をするとき、力仕事の人が必要であれば進んでお手伝いをするように心がけています。特に女性陣が喜んでくれるんですよね(笑)細マッチョな美男子として生きることこそかないませんでしたが、自分をよく分析して自分に合うやり方で、今は楽しく生きられています!