二重あごと、ぽっこりお腹で悩む中年オヤジ。

私、自分で言うのもなんですが、50代にしては薄毛でもなく、仕事柄、若い人たちとの関わりも多く、見た目は実年齢よりも相当若く見られているんですが、やはり加齢と共に、お腹周りと、あご周辺の贅肉だけは、努力をしてもなかなか落ちてくれなく、せっかくの若い見た目が、この贅肉のせいで小太りのおっさん感が否めない状態で、「これさえなければ」と自分の中ではコンプレックスとして感じております。
もちろんダイエットなど努力もしておりますが、代謝が落ちているせいなのでしょうか、ウォーキング、ジム通い等の運動、夕食の炭水化物抜き等を実行しても、結果がついてこなくてあきらめかけているような状況です。
30代のころには、ちょっと食事制限しただけで5~6Kgの減量はすぐに成功していたのですが、この年齢になると2Kgくらいまでは落ちるのですが、そこから先には進んでくれません。
2Kgの減量では見た目は、ほとんど変わらず、お腹周りやあごの肉は落ちてくれません。
お腹もあごも、痩身した際には一番最後に落ちる場所と言われていますので、体重でいえば10KG近くの減量が必要なものと思われますが、10Kg減量なんて夢のまた夢と感じております。
20代のころに比べると15Kg~20Kgほど体重も増えてるので、ここに肉がつくのも当然といえば、当然なのですが、残念でなりません。
せっかく若い女性と接する機会も多い仕事をしているのに、ちょっと下を向いた時の二重あごと、もしもそんな女性と夜を過ごすチャンスが訪れたとしても、その時に服を脱いで中年特有のぽっこりお腹があらわになった時に「引かれたらどうしよう」という思いから積極的にアプローチすることも出来ずにいます。
若い女性の中には、そんなお腹が「プーさんみたいでかわいい」ということを言う方もいらっしゃるようですが、実際にそういう女性とは出会っていないこともあり、心の中では「この娘とワンナイトラブを・・・」と思っていても、行動に移すことは、コンプレックスが邪魔してできません。
男である以上、いくつになっても自分の嫁さん以外の女性に対して性的魅力を感じることもあれば、それを期待してしまうこともありますが、かえってこのコンプレックスの存在が、家庭円満のためには必要なのではないかと思ったりもしています。
20代のころのような体形を取り戻してしまったら、家庭を顧みず、若いころのようにナンパしまくりの、変態中年になってしまう可能性もあるのではないかと、自分に言い聞かせて、このコンプレックスと付き合うようにしています。
でも、いつかは20代の時の体形に戻して「カッコいい爺さん」になりたいと密かにたくらんでいます。