低身長+色盲・色弱というハンディ!壮絶な人生を今語る・・・

僕は生まれつき体が弱くて人よりも痩せていて、なおかつ背がとても低かったです。中学一年生での身長は130センチ程度だったと記憶しています。小学生までは特段背が低いことに対しては気にしていなかった、あるいは周りとの身長差があまりなかったから気づかなかっただけかもしれないが。中学生になるとかなりコンプレックスに感じるようになりました。

なんで自分だけと親に当たったりもしてしまっている自分に気づいてもっと自分が恥ずかしく、よりそんなところもコンプレックスに感じてしまっています。幸い学校ではサッカー部というヒエラルキー的には上位のグループに属していたので嫌がらせなどは受けていなかったが、上位グループにいるぶん身長について気を使われていることが多々ありそれがすごくいやでした。現在では163センチと多少身長は伸びてくれたが、やはりコンプレックスは残ったままです。大人になった今だからこそ話せることではありますが、中学生の頃はかなり精神的に戦っていたと思います。また僕は髪の毛にもコンプレックスがあります。僕はもともと髪の毛はスチレートで少し髪色が明るいのですが、それがとでも嫌です。髪が少し明るいだけで周りのやんちゃな人たちに絡まれることが多いです。

なんで僕だけっていつも思います。髪の毛を黒く染めることもしましたがもともとが明るいのでかなり印象が変になってしまい一度しかやってないです。今はストレートも嫌で大学生になってからずっとパーマをかけ続けています。パーマの方が朝も楽だしストレートほど意固地でないと思うので天然パーマが良かったです。そしてもう1つコンプレックスがあります。

コンプレックスと言えるのかわかりませんが、僕は色盲・色弱です。とにかく僕自身はコンプレクスであると思っています。小さい時に友達と見えている色が違い笑われおかしな人扱いをされたこともあります。運転免許試験でも苦労しました。幸い色弱にも軽度から重度まであり、僕は暗いところだと途端に色の見えたかが違ってくるタイプで人と色が違く見えることが多数あります。それによって仕事にも支障は出るし、大学の時にも苦労しました。コンプレックスではありますが、事情を話せば周りの人もわかってくれて助けてくれるということが唯一気が楽になるところではあります。上記3点ほど僕のコンプレックスについて書きましたが、他にも同じようなコンプレックスを持っている人がいてガンヴァっていると思うと日々僕も頑張ろうという気持ちになります。

一重で胴長短足中年男の切実な悩み・・・

42歳男性です。見た目は、一重で胴長短足でとてもさえない感じです。

また、鼻の横には大きいホクロがあります。

人生モテたことがありません。女性の眼中には入らないタイプです。

昔、飲食店のアルバイト先の女性から僕の事を

見た目がキモイと悪口を言い始め、店長に有る事無い事を言われ出して、

直接店長から、明日からもう来なくて良いと言われたりしました。

しかし、料理長は僕がお店の開店前に来てお店の玄関の掃除をしたり、手が空いたらホールの掃除を

し 手伝ってたりなど積極的に掃除していたと言ってくれてたそうでしたが、

もうあの場所に戻りたくなかったので、そのままアルバイトを辞めました。

20代初期、合コンの人数合わせで呼ばれ、誰からも話をかけられず、ただ出費が出て行くだけでした。

友達も少なく、合コンに誘って貰いましたが、女性が目的じゃなく、ただこんな僕でも、誘ってくれることが嬉しいと錯覚してました。

その友達からは、ただの人数合わせに呼んでいるだけと言われることが多々ありました。

合コンが終わると、毎回二次会には、誘われず自宅に帰ろうとすると、後ろから女性の声で

僕の事が気持ち悪い、全くタイプじゃないなど言ってるのが、聞こえて来たこともありました。

それを聞いた友人は笑ってました。

ある日、前回合コンで知り合った女性達と集まって飲んでるから居酒屋に来いと呼ばれました。

しかし、僕がお店に来るとみんなで指を刺され大爆笑してました。

2時間も3時間も男女から馬鹿にされ、その日からそいつらと縁を切りました。

自分でやった対策は、出来ることは30歳からオシャレになる事でした。

幼馴染が女性で、昔からアンタは物を見るセンスが良いんだから、オシャレになりなさいと言われてました。

それから、たまに買い物に行ったりしてます。

服屋の店員さんとファッションの話はもちろん、テレビに出てた

タレントさんのファッションなどの話で盛り上がったりします。

自分は、ファッションが好きなのでたくさんの洋服を買って来てます。

似合う似合わないは、もう気にしないようにしてます。

3年前、行き着けの服屋の女性の店員さんとお付き合いする事になり、来年春に結婚する事になりました。

これまで、本当に女性とはもう縁が無いと諦めてたこともありました。

しかし、好きなファッションに一生懸命になっていたのと幼馴染のおかげでここまで来ました。

座高が100センチ!!足が短いという悩み。

私は短足です。
身長178センチ体重70キログラムパッと見のスタイルは悪くない、はずです。
しかし座高が100センチあります。
座高が100センチあるといろいろとデメリットがあります、いやデメリットしかありません。
人と並んで座ると特に小柄な女性の横に座ると明らかに高さがおかしいです。
学校の授業中は後ろの人から前が見えないと言われ体を左右に動かして黒板を見ているのを感じると非常に罪悪感とコンプレックスを強く感じました。席替えでは先生にわがままを言って一番後ろの席になるようにお願いしていました。しかしそううまく行くわけもなく先生から授業をサボろうとしている思われたりしていいことないです。
映画館では後ろの人が気の毒になり気になって気になって仕方ありませんでしたので映画をゆっくり鑑賞することがなかなか出来ません。
遊園地の絶叫系のジェットコースターの肩を抑える鉄のバーが肩にあたり下まで降りないことがあり、自分だけ体がグラグラで万が一すり抜けて転落したらどうしようかと本当に怖い絶叫マシンとなったことがあり、それからはそういう絶叫系のジェットコースターには乗れなくなりました。
見た目の対策をするといったって身長の高い低い以上にどうすることもできなくて、服装で誤魔化そうとしても丈のながい上着を着るぐらいしかなくそれですらなんの対策にもなってなく本当に困りはててしまいます。
冬はまだ重ね着してすこしだけ隠すことも出来るのですが、夏になるとそういうわけにもいかず上着を外に出せるときはまだ良いほうでスーツでジャケットだけを脱いでいる状況は一番見られたくない格好で憂鬱な気分で早く冬にならないかと冬を待ちわびて過ごすことになります。
テレビで小さい子供の頃に正座しすぎると短足になると言っている人がいましたが、本当にその通りなのかよくわかりませんが座るときは正座しなさいと厳しく育ててくれた祖母を恨んだりしたこともありますが、今となっては後の祭りでどうしようもないと自分に言い聞かせています。
極端に太っている人を見ると、この人は自己管理ができていない普通にしていればここまで太ることはない、何をどれだけ食べればこうなってしますのか? と他人の事情も知らないのに勝手に見下してしまうのも自分の短足のコンプレックスは自己管理云々ではないというをちょっとでも正当化する為の行為であり益々自分自身が嫌になってコンプレックスを強めてしまいます。

さらに、人には言えない包茎というコンプレックスも持っています。近づか手術を受ける予定です!→上野クリニック体験談

 

頭がデカいという見た目のハンディ。俺はこれで損をしてきた。

私のコンプレックスは頭が大きいことです。
子供の頃は帽子のサイズが人より大きく、頭が大きいことを友人からからかわれたりして酷く傷つきました。頭が小さくなるという体操のDVDなどを買って試したりしましたが実感は得られませんでした。
髪型をいろいろ工夫しましたが、あまり効果を上げることはできませんでした。
自分は中々受け入れることができず、人と接するのも苦痛に感じるようになりました。
ある時、周りの友人達に目を向けると、なにかしらの特徴があることに気づきました。
人にはそれぞれコンプレックスがあるのではないか?頭が大きい人だってたくさんいるのではないか?
学校という小さなコミュニティの中では目立つけれど、同じような人はきっといると自分に言い聞かせたら少しは楽になった気がしたことを覚えています。
大人になるにつれ、思慮が足りない発言をする人は減っていき、周りからからかわれることはなくなりました。どう思われてるかは別にして、言葉にして言われなくなったことでコンプレックスが完全になくなったわけではないですが、気持ち的にはかなり楽になった気がします。
頭は依然として大きいわけで、帽子を買おうと思ったときなど、もう少し頭が小さければもっと選べて楽しいだろうなと想像することは未だにあります。髪型の研究を続けたり、肩幅とのバランスで小顔効果を狙ったりしてはいるものの、他人は自分のことをそこまでみているのだろうか?自意識過剰ではないだろうかと思えてくるときが多々あります。人によく見られたい気持ちは誰しも少なからずあるものだと思います。ですが変えられない特徴というものがありますし、そもそも人は自分のことをどのくらいよく見ているのかという疑問もあります。変えられないものは受け入れるしかなく、人にどれだけみられているかをいくら考えてもわかるはずがありません。清潔感と派手すぎないことには気を使います(不潔と派手は大多数の人に嫌われる要因だと思うからです)が頭が大きいコンプレックスを帽子で常に隠すなどの小細工はしないで笑いたければ笑えと言うのが今の僕の考えです。先にも書いた通り頭が大きいことに対するコンプレックスは消えたわけではありません。これからも消えないかもしれません、しかし頭の大きさや形は
変わらないわけです。変わらないことで悩むよりも、ありのままをみせて、頭が大きいというのも僕と言う人間の構成要素だと思うほうがいいと思っています。

二重あごと、ぽっこりお腹で悩む中年オヤジ。

私、自分で言うのもなんですが、50代にしては薄毛でもなく、仕事柄、若い人たちとの関わりも多く、見た目は実年齢よりも相当若く見られているんですが、やはり加齢と共に、お腹周りと、あご周辺の贅肉だけは、努力をしてもなかなか落ちてくれなく、せっかくの若い見た目が、この贅肉のせいで小太りのおっさん感が否めない状態で、「これさえなければ」と自分の中ではコンプレックスとして感じております。
もちろんダイエットなど努力もしておりますが、代謝が落ちているせいなのでしょうか、ウォーキング、ジム通い等の運動、夕食の炭水化物抜き等を実行しても、結果がついてこなくてあきらめかけているような状況です。
30代のころには、ちょっと食事制限しただけで5~6Kgの減量はすぐに成功していたのですが、この年齢になると2Kgくらいまでは落ちるのですが、そこから先には進んでくれません。
2Kgの減量では見た目は、ほとんど変わらず、お腹周りやあごの肉は落ちてくれません。
お腹もあごも、痩身した際には一番最後に落ちる場所と言われていますので、体重でいえば10KG近くの減量が必要なものと思われますが、10Kg減量なんて夢のまた夢と感じております。
20代のころに比べると15Kg~20Kgほど体重も増えてるので、ここに肉がつくのも当然といえば、当然なのですが、残念でなりません。
せっかく若い女性と接する機会も多い仕事をしているのに、ちょっと下を向いた時の二重あごと、もしもそんな女性と夜を過ごすチャンスが訪れたとしても、その時に服を脱いで中年特有のぽっこりお腹があらわになった時に「引かれたらどうしよう」という思いから積極的にアプローチすることも出来ずにいます。
若い女性の中には、そんなお腹が「プーさんみたいでかわいい」ということを言う方もいらっしゃるようですが、実際にそういう女性とは出会っていないこともあり、心の中では「この娘とワンナイトラブを・・・」と思っていても、行動に移すことは、コンプレックスが邪魔してできません。
男である以上、いくつになっても自分の嫁さん以外の女性に対して性的魅力を感じることもあれば、それを期待してしまうこともありますが、かえってこのコンプレックスの存在が、家庭円満のためには必要なのではないかと思ったりもしています。
20代のころのような体形を取り戻してしまったら、家庭を顧みず、若いころのようにナンパしまくりの、変態中年になってしまう可能性もあるのではないかと、自分に言い聞かせて、このコンプレックスと付き合うようにしています。
でも、いつかは20代の時の体形に戻して「カッコいい爺さん」になりたいと密かにたくらんでいます。

服装で判断され、ファッション(着こなし)に対するコンプレックス

私は48歳で営業職です。子供の頃か服装に関して無頓着で何かファッションセンス、自分の着ける服の見た目で損をしている様なきがしてなりません。
小学校のころから、服装で友達に馬鹿にされたり、笑われたりと言った経験もあり社会人になってからもやはり服装で損したことが何度かあります。
小学校の頃はコーディネート下手くそで、Tシャツに半ズボン、帽子と言った組み合わせでも全くアンバランスでした。キャラクターTシャツにプロ野球のキャップで組み合わせてしまったり、靴をスニカーを履くところをビーチサンダルと言った組み合わせでそれを指摘され恥をかいたことが多々あります。
中学、高校は部活が忙しくあまりその場面はなかったのですが、大学に入ると、ポロシャツにジーンズ、でも足元は下駄のようなちょっと違うセンスを良く友達い指摘されおりましたが、これは個性だとおもっておりました。
社会人になってからは、事務職、営業職となるのですが、スーツにネクタイが基本、でも良くやってしまうことが今でもたくさん有ります。
特に多いのがどこかで引っ掛けてしまうのか、スーツの綻び、そしてネクタイやシャツに落としてしまうシミ。 朝、気づけば良いのですが、慌てているときなどと特に気づかずに出かけてしまいます。 シャツでいうとポケットの縫い目が少し破れていたり、ひどい時は前日飲みやでタバコでスーツの袖に穴が空いていることも何度かありました。
会社ではやはり同僚や上司に注意にされるのですが、本当になにかが破れている、穴が空いている、シミがついてる非常に多く指摘されます。
会社就業後の飲みが多く、飲んだことにより服装はシワクチャになるのですが、帰宅後脱ぎっぱなしとなると、破れや、穴、シミに気遣かないことが多いです。取引先との打合せでスーツ袖口が破れたものつけて行ってしまい、前方に指摘された際は顔から火が出るほど恥かしい思いをしました。
服装は特に営業職で見られていることもあり、きちんとしないといけないとは思うのですが、中々出来ない自分に腹が立ちます。ファッションセンスがあればなあと思うのですが、小学校の頃から癖なのか全く小奇麗に着飾れないのが私の運命なのでしょうか。
気を着けていることは、お酒を控えて、極力前日に組み合わせを整頓し、嫁、娘におかしくないか細かいチェックを今は受けております。休日、プライベートで出る際も女性目線を入れ少しでもボロが出ないように組み合わせは自分でなく、家族に指摘してもらうようになってからは他人からの指摘はなくなりました。
家族に指摘されるのも実はコンプレックスで自分で好きなコーディネートが出来ないこと、何か指摘されると心の中で腹が立っていることもあり、やはりファッションは私にはコンプレックスでしかないのが今でも続いております。

肩幅が広い!いかつい体型がコンプレックス私について

30代中盤の男性です。私の容姿の最大の悩み…それは、「肩幅」です!幼少の頃から肥満体型で育ってきて、特に高校時代、あることが原因で肩幅が異様に成長してしまったのです。それは「弓道」です!高校時代、3年間弓道部員として活動していました。

弓道とはつまり、弓を左右に広く引くスポーツです。きっと素人の方でもわかるとは思いますが…自分の最大の成長時期と、この弓道の鍛錬が重なってしまったので、身長が165センチにしては肩幅45センチと、一気に大きく肩が成長してしまったのです!高校時代は特に気にしていなかったですが、その悩みが出始めたのは大学に入って間もなくの頃からでした。私が入学したのは東京都内の六大学の一つ。ミスター長嶋さんなどを輩出し、ミッション系で有名なあの大学です。リア充で勝ち組な美男美女が多い中、私はもっさりしていて全く彼女ができないどころか、大学でできた友人にすらからかいやマウンティングを受けて鬱屈する毎日でした…。

その後大学をなんとか卒業し、社会人として就職、24歳のとき、大学外で出会った友人のバンド活動のAD(チラシ作りやホームページ作成、器材搬入などのお手伝い)をすることにしました。そこで私は出会ってしまったのです。原宿という新たなカルチャーの世界に…!特に、ヴィジュアル系ファッションを着こなす美麗な男子を、友人のバンドのときに頻繁に見かけるようになり、自分もああなりたい!と憧れるようになってしまったのです。

で、色々サイトでブランドを調べたり、ラフォーレで服を見てみたりしたのですが、私の肩幅とおなかに入るサイズの服は全くありませんでした。結局、ヴィジュアル系というよりは単なる、黒を基調としたファッションを嗜んで活動していました。何回か、本気で体型改造をしようとジム通いをしたりランニングをしたりしたのですが、習慣付きませんでした。今では、ヴィジュアル系のコートとかベストというよりは、サイズもSからLまで取り揃っていて値段も安く来やすい、黒いバンドのTシャツやパーカーを着て、パンクなアクセサリーを付けて自分なりのファッションを楽しんでいます!今はそういうファッションをしていく方向で固まり、友人などからも好評です。

やはり、好きな服、洗練されたお洒落な服装で遊ぶのは楽しいですもんね!肩幅が大きく成長したということは、逆にいえば力仕事に向いているということで、サラリーマンとして仕事をするとき、力仕事の人が必要であれば進んでお手伝いをするように心がけています。特に女性陣が喜んでくれるんですよね(笑)細マッチョな美男子として生きることこそかないませんでしたが、自分をよく分析して自分に合うやり方で、今は楽しく生きられています!